細物ばねの複数曲げ加工の品質安定を実現

五光発條株式会社様

本社:神奈川県横浜市瀬谷区五貫目町25-16
URL:http://www.goko-spring.co.jp


輸送機器関連、光学機器関連、事務機器関連等幅広い分野に展開するばねメーカー。国内のみならず、タイ、ベトナム、インドネシアにも拠点を持ち、客先でのばねの組み込みも考慮した設計提案などトータルコスト低減を得意としており、グループ全体ではアマダプレスシステムのばね成形機が100台以上活躍しています。工業用精密ばねの他、スプリングジュエリーやばねブロックなどの製作も手掛け、新たなばねの可能性に挑戦を続けています。

本社工場
代表取締役社長 村井秀敏氏

課題

複数ある曲げ工程の品質安定化と生産効率のアップが課題に

当社は、線径0.025mmから5.0mmまでの押しばね・引きばね、線径0.025mmから4.0mmまでのねじりばね など、太さや大きさも様々なばねの製造を手掛けています。
加工が困難とされる曲げ工程が複数あるばねの品質安定の確保や、ばねの自由長管理においては、ばね成形前の段取り作業に多くの時間を費やしており、生産効率のアップが課題となっていました。

アマダプレスシステム営業マンによる商品説明
工場内のばね成形機
ばね成形前の段取り作業

ソリューション

SH-3ⅡおよびTM-8Ⅱの導入により加工品質と作業性が大幅に改善

SH-3Ⅱは細物のコイリングマシンでありながら、曲げ加工も可能なうえ、フィードローラからの送り距離が短いので、ワイヤラインの高い調整精度を保つことができます。
また標準7軸仕様により、旧製品に比べセットが容易となり、安定してばねを巻くことが可能となりました。
TM-8Ⅱ導入後、新たに搭載された「モータセンサシステム」によりばねの自由長測定が容易になりました。
また旧製品との互換性も高く、部品の全てが共通化されており、設備投資も最小限に抑えることができました。
五光発條グループは、国内のみならず海外においても新たなセグメントの開拓を推進しています。
日本のモノづくりは空洞化が進んでいますが、これからの時代の変革にも迅速に対応できる体制で臨み、今より100年後も、ここ日本で精密ばねを作り続けていきます。

様々に成形された精密ばね
ワイヤライン(導線部分)の高い調整精度により、 ばね成形の品質安定に貢献
モータセンサシステムを搭載したTM-8Ⅱ
  • 掲載の内容、当社製品の機能、サービスの内容等は、2016年11月現在のものです。

納入製品紹介

TM-8Ⅱ
SH-3Ⅱ

アマダプレスシステムの製品・製品の修理/復旧、および企業活動についてのお問い合わせ窓口をご案内しております。