タンデムラインと自社製洗浄装置で車載用モーターケース製造ライン立ち上げ

髙橋金属株式会社 様

所在地:〒526‐0105 滋賀県長浜市細江町864-4
URL:http://www.takahasi-k.co.jp/


高橋金属グループでは、「部品加工事業」と「環境商品事業」の2事業を展開している。「部品加工事業」ではさらに「塑性加工事業」「プレス事業」「完成品事業」の3事業に分かれ、それぞれが3つの工場棟に展開している。

「環境商品事業」は、同社の特許技術である電解イオン水による工業用洗浄技術を活かした自社商品の洗浄装置やクーラントシステムの開発・設計・製造・販売・保守を手がけている。

代表取締役社長 髙橋康之氏
取締役 藤谷憲治氏
滋賀県長浜市の本社

課題

車載用モーターケースは、年間150万~160万台の生産規模で1年以内での生産立ち上げが要件とされていました。500トンクラスのワイドベッドを持った大型トランスファプレスで検討しましたが、導入から量産立ち上げまでをその期間でこぎつけるのはきわめて困難で、さらに工程設計をしてみると800トンクラスを導入しなければ加工できる確証が得られず、打開策が見つからず弱っていました。金型においても、加工からメンテナンス・セッティングまで大型設備が必要になり、工場ごと建て直す必要までありました。

ソリューション

300トンのサーボプレス3台(SDEW-3025×2台+SDE-3030)を並べて計900トンのタンデムラインを構築することで、得意先の要件である「1年以内に設備・立ち上げ」の対応ができることが分かりました。またタンデムラインにするメリットとして、工程をバランスよく3台に配置することで偏心荷重の発生を抑制でき、加工品質も安定します。寸法精度はすべて100分台の公差内で安定しています。サーボプレスだとモーションコントロールができるので、金型設計の自由度が増し、歩留まりと生産性も両立することもできました。金型においても従来設備がそのまま使用でき、工場の改造も必要最小限で済みました。

自社製の電解イオン洗浄装置はサーボプレス3台と直結している

納入製品紹介

SDEWシリーズ
SDEシリーズ

アマダプレスシステムの製品・製品の修理/復旧、および企業活動についてのお問い合わせ窓口をご案内しております。